2007年04月13日

失われゆく

史料をみてみると
原本が失われているものが多い。
前回、前々回の自治体史を編さんした際に
ノートに書き取ったものや複写したものはあるが、
原物はその後、なくなってしまったらしい。

そのノートに関しても、
出典を書いていないものが多い。
また新聞のスクラップもあるが、
日付のみで出典が書かれていない。

文書館を備えていないため、
保管部署が変わる度に
なくなるリスクも高くなる。
posted by bonta at 20:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38639873

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。