2006年12月31日

いたわりの雪

ぎゅっと詰ったフレームのなかを
取り残しがないように周ったら
あっという間に一年
もう少しスペースがあれば
さらに目配りもできたかもね

日付が変わる直前に飛び乗った
夜行列車のきみに
いたわりの雪が降る

しんしんしん
しんしんしん
雪が降る
きみをねぎらう雪が降る
posted by bonta at 17:33| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

bontaさん、今年はお話させていただけるように
なれてとても嬉しく思っています。
bontaさんの素敵な詩に心をほっこりさせてもらいました。ありがとうござます。

2007年、bontaさんにとって素晴らしい1年となりますように。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 睦月 at 2006年12月31日 22:29
>睦月さま

どうもありがとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

2007年も
睦月さんのますますのご活躍を
期待していますよ〜
Posted by bonta at 2007年01月01日 16:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。