2006年01月31日

磅リンクと弗リンク

1939年9月28日付「ジャパンタイムス」は、

「磅ト円ノ下落」 と題して、次のように述べる。


「英米為替ハ八月三十日急激ニ四、八七弗ヲ割リテ以来凋落ヲ辿リ二十七日ニハ大戦以来ノ最低四・七二弗トナル、主ナル直接原因ハ欧州戦争ノ気構ニヨル、従来欧州政情ノ不安ハ『フラン』ニ影響セルニ近来ハ此傾向ガ磅ニ代ル、日本ノ国際為替ハ磅ト『リンク』スルヲ以テ磅ノ下落ハ日本ニハ直接問題ナリ、磅下落ノ影響ヲ受ケ日米為替ハ二十七日紐育円相場二七弗十六分ノ一一ニ下落ス、日本ノ弗『ブロツク』国トノ貿易ハ全貿易ノ三分ノ一ニ過ギザレドモ日本ハ軍需品ノ関係上対米貿易大入超ナレバ現状ハ日本ニ不利ナリ、日本ハ弗ト「リンク」スルヲ可トストノ論アルモ日本輸出三分ノ二以上ニ当ル磅『ブロツク』国ヘノ輸出ニ大損失ナレバ此論ハ当ラズ」
(アジア歴史資料センター:A03024207000)


「ジャパンタイムス」は、弗リンクは不可と論じたものの、

一ヶ月後には、磅リンク廃止、弗リンクへの復帰となった。


「日本大蔵省は為替相場ポンドリンクを廃止し弗リンクに基準をおくことにした。対米二十三ドル十六分七である、ポンド為替は次第に没落の途を辿りつつある、かくて九ヶ国は磅リンクから去つた、芬蘭、瑞典、丁抹、ノルウエも英貨に決別した、併し今回の日本の措置によつて大英國の極東利害がもはや暗示されている。 」
(「ツエーゼン独語放送」10月25日、同上:A03024207000)
posted by bonta at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

潜水艦シミュレーションゲーム サブコマンド

古いゲームを引っ張り出してきて、やってみた。

潜水艦シミュレーションゲーム サブコマンドである。 続きを読む
posted by bonta at 09:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

神はサイコロを振らない

ともさかりえの、上手く表現できないが、クシャクシャっとした芝居が好きだ。

すんなり腑に落ちるのだ。

第一話では、すごく怖かったと言って、

山本太郎とお互いの存在を確かめ合うシーンがすごくいい。
続きを読む
posted by bonta at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

時効警察

映画女優・麻生久美子が出演となれば、

観ないわけにはいかない。

勤務中の、二つに結んだ髪の毛がかわいい。
続きを読む
posted by bonta at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

'06センター試験 英語(筆記) 解説2

第4問

【A】
15行目、Hyougo appeared to be typical of the nation とある。

したがって、全国と同じ28.9%のものを探せばいい。よって、Hyougo はX。

16〜17行目、Yamanashi の割合は Kagosima と類似とある。よって、Yamanashi はY。

21〜22行目、Tokyo は、the nation as a whole 以下とあるので、Zだとわかる。



【B】

問1
7行目に、 20 percent とある。よって、one person out of five 。

問2
19行目に、 forcused on community safety とある。

問3
25行目、as individuals… が、選択肢4の too independent… に対応。

問4
3しかない。


第5問

【A】
空欄2がわかりやすい。

直したのという質問に、いやまだというA。

空欄3は、駐車位置を聞いて、簡単というC。

よって、B-A-C。


【B】
some bad scraches on the left side, on the drivers' side、

teddy bear is in the front passenger seat

の情報をもとにさがす。


【C】
in the north lot on the green level

turn right → At the exit, turn left → go down to the last row and the turn left again

の情報でわかるはず。


【D】

本文からいえるのは、3と5しかない。


第6問

【A】

問1
23行目、watch them swim とある。

問2
31行目、walk down the road back to town とある。

問3
40〜45行目より考える。

問4
選択肢2〜4は消去できる。2については、彼は、Sarah が Mr.Peal をそれまでどのように思っていたか知らないはずである。

問5
選択肢2〜4は消去。


【B】

1は、4行目の leave him alone と didn't want〜to bother が対応しているので、○。
2は classroom が、4は behind が誤り。
3、5、6はすぐ消去できる。
posted by bonta at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

'06センター試験 英語(筆記) 解説1

第1問 略

第2問


【A】

問1
語彙の問題。otherwise (さもないと)が適切。

問2
熟語。for the sake of (…のために) を覚えていれば一発。

問3
文法。予想していたのが「過去」より前の時点なので、「過去完了」となる。

問4
文法。have + もの + 過去分詞 で(…される、…してもらう)の意となる。

問5
熟語。come about (事件などが)起る。

問6
語法。convenient の使い方。it is convenient for you to〜 と口に覚えさせよう。

問7
語法。would rather 原形。prefer の後は、不定詞もしくは動名詞。

問8
語法。allow 人 to〜。

問9
語彙。In the end (ついに)が適切。

問10
カップリング。walk と合うのは、far 。


【B】

問1
Norikoが、here you go と言っているので、何かを取ってもらったことがわかる。

問2
Joyceが、Next time, don't forget と言っているので、Charlesが電話するのを忘れたことがわかる。

問3
Mr.Smithが、話を続けるように促しているので、会話を続けられる=忙しくない ということがわかる。


【C】

問1
warm に続くのは bath。better の前は sleep。と考えればみえてくる。

問2
think is incorrect. とあるので、what S+V is… ではないかと、後ろから攻める。

問3
they are with an adult. の前は、unless (…でないかぎり)。次に、be permitted to〜 と考え、あとは微調整。


第3問

【A】
空欄26の前は、インドの話で、空欄の後は、メキシコの話。

両者における象の鼻が持つ意味には違いがあり、対照的な内容となっているので、In contrast。

もし trunk = 鼻 がわからなくても、upwards or downwards とあることから、推測しよう。

空欄27のうしろに、いきなり three elphants… ときて驚くが、

空欄の前は、家に幸運をもたらすという内容。

空欄後は、その内容を言い換えているのではなく、

幸運がきて、さらに家族の安全と幸せが保たれるという内容。

In addition (さらに)が適当。


【B】

問1
Aには、a system like this とあるので、Aの前にthis が指し示す内容を含む文が来るのがわかる。

また、some peple worry…read our minds とあることから、心配につながることって何だろうと気に留めておく。

Bには、we use when we are silently reading or thinking. とあることから、

read our mindsにつながるのは、これではないかと推測できる。B→Aとおさえる。

Cには、more advanced system than throat microphones とあることから、

空欄前のthroat microphonesの内容に続くのは、Cであり、

AとBの文でいうシステムは、その進歩したシステムのことだとわかる。よって、C→B→A。

確認のため、空欄後をみると、our private thoughts are safe. とあるので、

Aの it can only understand a few simple words. からつながることがわかる。


問2
Aには、this shyness とあるので、Aの前に shy 云々が出てくるはずである。

ちらっとみたら、Cに shy がある。C→Aではないかと一応の仮説をたてて、読む。

Bには、therefore とあり、何らかの事態をうけて、ビデオを見せるプランが出てくることがわかる。

Bの前には、その何らかの事態が来るはずである。

Cには、However と逆説を示す語があり、

研究( studies )によると、ゴリラは普段おとなしく、shy でさえあると続く。

やはり shy は、Aの this shyness に続く。

Aではその shyness が、inactivity or depression につながるとあり、

Bは、それを受けての結果ということがわかる。

空欄の前は、ゴリラが社会的動物であるという内容であり、 However でCの内容につながる。

確認のため、空欄の後ろをみると、watching TV or videos とあるので、Bから続くことがわかる。

よって、C→A→B 。


【C】
1つの段落に1文ということなので、

それぞれの段落がどのような内容になっているかを追っていけば、

どの段落にどの文が適当かがみえてくる。

第1段落は、過去30〜40年、アレルギーになる子どもが増えており、

科学者はその原因を探しているという内容。

第2段落は、生活環境とアレルギーの関係について。

32は、アレルギーを起こす物質と免役についての文であり、
それは、第2段落の内容に該当する。

32の natural protection は

空欄2の前の文の、natural immunity に対応する。

よって、32は、空欄2。

第3段落は、家族の多さとアレルギーの関係について。

段落の後半はペットにも話題が及ぶ。

空欄3の後ろの文は、Such children 云々とあり、cat or dog hair が出てくる。

31には、children〜with a pet とある。よって、31は、空欄3。

第4段落は、hygiene hypothesis が一つの説にすぎないという内容。

30には、however があり、ほかの原因を示唆するデータがあるという文となっている。

空欄5のあとには、 Thus があり、30の文をうけての Thus と考えられる。

よって、30は、空欄5。
posted by bonta at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

戦前のドル円相場

戦前のドル円相場は、100円=○○ドルとのように示された。

1871年 100円=100ドル
1897年(金本位制採用) 100円=49.846ドル
→1917年金本位停止まで、49ドル台

1926年 43.5〜48.75ドル
1930年(金解禁時) 49ドル台

<金輸出再禁止>

1932年 19.75〜37.25ドル
→20ドル台へ

<アメリカ金輸出禁止。基準相場がドル建てからポンド建てへ>

1933年 100円=1シリング2ペンス

1939年
<イギリスが為替管理を強化、再びドル建てへ>
100円=23.44ドル

1941年
<太平洋戦争勃発により、米ドルと円貨との関係は完全に遮断>

(以上、百瀬孝『事典 昭和戦前期の日本』206頁参照)


1ドル=○○円に換算すると、

1871年 1円

1897年 2.00円

1926年 2.05〜2.29円

1932年 2.68〜5.06円

1939年 4.26円
posted by bonta at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

米ドル/円 高値・安値

90年以降の高値・安値を調べてみる。


高値:160.20 (90.4.17)

安値:79.75  (95.4.19)


リトレースメント50% 119.97

リトレースメント25%  99.86
posted by bonta at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

不確実な世界

今度の事態で、東証が取引停止。

それまで何ともなかったのに…。


ふとすると、我々の生きている世界が

不確実な世界であることを忘れてしまう。


大雪害然り、大地震然り。

いくらお金があっても、

流通がストップし、お店にモノが届かなければ、

どうすることもできないのだ。


危機管理の大切さを再認識。


危機管理情報
http://www.rescuenow.net/
posted by bonta at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

ライブドア・ショックの為替への影響は?

ライブドア・ショックによる日本株急落で、

115円のラインを突破しそうに(?)なっている。

一旦は、116円近くまでいった。

超短期的には、こういう場合ドル買いでよかったのかな。


↓は、株目線の、為替との関係について
http://sio.holy.jp/kabusihyo/kabu_to00.htm
posted by bonta at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

従軍慰安婦論争講座2

蘇貞姫サラ「帝国日本の『軍慰安婦制度』論」
(『岩波講座アジア・太平洋戦争2 戦争の政治学』岩波書店、2005年所収)は、

多様な慰安施設の在り様に関して、

よく整理しています。


同論文によると、慰安施設は、

次の3つのタイプに分類されます。

1.指定業者型慰安所
2.軍専属型慰安所
3.犯罪型慰安所


各タイプの慰安所は、

以下のようにさらに細かく分類されます。


1.指定業者型慰安所

「『料亭』型慰安所」と「『娼館』型慰安所」にわかれる。

前者では、軍に協力する民間人により、幅広い娯楽が提供されていた。

日本国内の歓楽街の待合茶屋のように、立派な店名があり、主に将校向けであった。

後者は、民間人が所有運営していたが、軍により厳しく監督されていた。

主に下士官・兵向け。


2.軍専属型慰安所

「若年女子補助部隊」と「女郎屋もどき」にわかれる。

前者は、特定の部隊に所属し、はるかな前線地域におかれ、

慰安婦は性労働以外に様々な女性的ジェンダー役割(看護婦の役割など)を担わされていた。

後者は、指定業者型慰安所の娼館タイプに似ているが、

軍直営であり、商売上の利益をあげることを目的としていなかった。

1938年以降、中国内陸部に続々と作られた。


3.犯罪型慰安所

戦争末期、占領地の最前線にいた兵士が、

その場その場で作ったもの。


以上のように、慰安施設は多様性をもつのであり、

一つのタイプをもって、

それを慰安施設全体のことであるかのように論じることは、

適切ではないということになります。
posted by bonta at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

1月のドル

吉田恒氏によると、

過去の実績からいくと、

1月のドルは、対円でも対ユーロでも、

ドル高になる傾向にあるという。


1/3、ドル円の始値は、117.88円。

そこから毎日下がり続け、

現時点では、114円あたりで上下している。

残りは半月。

注目して待っていよう。
posted by bonta at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ドル円相場

為替王さんは、先週の時点において、

円高の目安を115円とし、

その一方で「面白くない展開」の可能性も懸念していた。


実際、金曜日には、米雇用統計の発表後(外為どっとこむ予想:+20万人 結果:+10.8万人)、

ドル円相場は、115円を切ってしまった。

為替王さんは、最終的な円高水準は112円台後半から113円台に

なると想定されている。

ただ長期的なドル高円安見通しは変らないという。


今年1年の相場はどうなるのだろうか。

ジャーナリストの吉田恒氏によると、

アメリカ大統領選の翌年は、大相場になり、

その翌年はさらに相場が大きく動く傾向があるという。


1年の値幅は大体20円。115円からどちらに向かうのか。

吉田氏は、日本がインフレになれば、円安に向かうとし、

インフレのポイントは、長期金利・債券利回りにあるという。
posted by bonta at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

今ごろ★簡単★従軍慰安婦論争講座

従軍慰安婦論争の諸説を整理するポイントは、

「戦争責任の所在」と「構造主義を受け入れるか否か」です。

(以下、小田中直樹『歴史学ってなんだ?』PHP新書286、2004、第2章参照)

「構造主義」とは、ものごとの正しい認識はできない、

つまり、史実を正しく認識することはできないという考え方です。


論争にあたっては、三つの立場が存在します。

代表的な論者は、吉見義明坂本多加雄上野千鶴子です。


吉見に代表される歴史学の立場においては、

様々な史料に基づいて、慰安婦の実態を実証しようとします。

そして「戦争責任の所在」の観点では、「日本国民加害者」論となります。

すなわち戦争責任は、政府や軍の指導層だけではなく、

一般の兵士、国民にもあるという立場です。


これに対して、坂本に代表される新自由主義史観は、

国民には責任はないし、指導層も全く悪くなかったと主張します。

坂本は、構造主義を受容し、歴史はフィクションであり、

「国民」というアイデンティティを強化するのに役立つ

物語を構築することが重要であるとします。


一方、上野は「日本国民加害者」論として、

基本的に吉見と同じ立場に立ちます。

しかし実証主義的な歴史学を批判し、

史実を正しく認識することはできないとします。

そして、他者のアイデンティティを尊重することを重視し、

元慰安婦が語りはじめた「現実」を、

史料の有無に関係なく、肯定します。


まとめると、以下のようになります。


吉見義明:「日本国民加害者」「構造主義を非受容」

坂本多加雄: 「日本国民・指導層免責」「構造主義を受容」

上野千鶴子 :「日本国民加害者」「構造主義を受容」
posted by bonta at 11:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。